活動記録

活動記録


2020年4月6日 : 4月6日(月)第1回多核種除去設備等処理水の取扱いに係る関係者の御意見を伺う場
世界中がコロナ対策に取り組んでいる中、予定通り福島原発事故による汚染水処理について第1回関係者の意見を聞く会が福島会場と東京会場に分かれWEB中継により福島市で開催された。福島県知事はじめ旅館・ホテル、商工会議所、町村会、相馬市町村会の代表10名が出席し意見表明した。

政府検討委員会は処理水について海または大気へ放出する案が現実的と示している。海洋放出に県漁連会長、県森林連会長が反対。他は国と東京電力の責任で正しい情報発信と風評被害に万全の対策をとる事、スケジュールありき福島県ありきでなく県外処分も検討するべき、時間ありきではなくタンク増設も検討すべき、福島県だけでなく全国漁業関係者にも意見を聞いて欲しい、国の責任で放出後の風評被害には賠償をすべきなどの意見が述べられた。

今後も各界各層の意見を聞く予定とのことだが、私は国民の安心基準と有識者の安全基準が大きくズレているので是非一般の国民の意見を聞く機会を多くするよう求めている。政府には拙速に結論を出さず、そのズレを調整する責任がある。原発事故に依然として苦しむ多くの人々がいることを忘れないで欲しい。

第2回目は4月13日(月)に福島市及び富岡町で開催予定です。コロナ対策により第2回目もWEB中継が予定されます。是非多くの方に御覧いただきたいと思います。
https://www.meti.go.jp/earthquake/nuclear/decommissioning/committee/takakushu_iken/0413_01.html

増子輝彦
2020年4月6日 : 緊急事態宣言
予想通り緊急経済対策とセットで、安倍首相が明日7日、期限1カ月程度とし東京、神奈川、埼玉、千葉、大阪、兵庫、福岡に緊急事態宣言を出す。遅きに失したが首相自身にとり最もグッドタイミングなのだろう。国民の信頼を得られるようしっかりと情報開示しながら挙国一致で対応して欲しい。
2020年4月3日 : 自動車産業の未来を考える会議連
自動車産業の未来を考える会議連を国会内で開催し、自動車総連より新型コロナの影響の説明を受け、緊急要望として自動車重量税・燃料課税の「当分の間税率」廃止、サポカー補助金の年齢制限拡充、高速道路料金引き下げがありました。
国内自動車産業就業者数は約546万人、地域経済の重要な担い手です。
2020年1月26日 : 2019年度補正予算について

明日から2019年度補正予算案の審議が衆参で2日間づつ始まる。
私は賛成する事を国民民主党執行役員会と参院議員総会で表明した。
昨年の台風・大雨で甚大な被害に遭われた被災者・被災者の早期復旧・復興を約束してきた。

所属会派は反対方針だが、過去にも災害復旧・復興そのため野党が賛成した事もあり是非賛成して欲しいと思う。
国民の生命と財産を守り、安全と安心をつくるのが政治家の使命であり責任である。

被災者が一日も早く元の生活に戻れるよう災害対策を実行する事が必要であり、災害対策には与野党の壁は無い。国民民主党は何でも反対するのではなく是々非々で対応し新しい答えを出す政党として結党した。被災者・被災地は早急な補正予算を待っている。

2020年1月12日 : 富岡町成人式
富岡町成人式に出席し祝辞を述べさせて頂きました。
五年生の時全町避難指示で町を出ての8年間は辛かったと思います。
全国各地から集まった38名で記念撮影があり遠くは佐賀県から駆けつけました。
市村妃蘭さんの「出来れば全員で参加したかった」の代表謝辞に心が揺れました。
皆さんのお幸せを祈ります