活動記録

活動記録


2020年6月11日 : 2020年6月11日 参議院予算委員会

本日、参議院 予算委員会 が開かれ 第2次補正予算案についての質疑を1時間40分間実施しました。
今までのコロナ対策の検証・総括、コロナと大災害同時発生時(特に原発事故)の対策、医療提供体制の整備、持続化給付金事務委託費問題、トリチウム処理水などについて安倍首相等に質問しました。

病院の経営悪化が深刻です。診療報酬前払いによる病院への資本注入、コロナ対応ベッド確保への支援金拡充、医療従事者への慰労金を医者・看護師などだけでなく病院清掃する方や救急隊員にも行き渡らせることなど、提案しました。コロナ第2波、第3波への備えのためにも医療体制の充実が必要です。

持続化給付金の事務委託費は巨額で、委託団体の中抜きの疑いあり改善すべき、商工会議所、商工会、中央会3団体へ任せれば迅速に対応出来ると進言。

トリチウム処理水については、福島ありきではなく、拙速な結論を出すことのないよう質しました。コロナ感染対策は安倍首相の強権政治でなく、与野党一致して解決していかなければならない。

2020年5月29日 : 2020年5月29日 参議院東日本大震災復興特別委員会


本日、参議院 東日本大震災復興特別委員会 が開かれ40分間質問に立ちました。
コロナ感染と原発事故が重なった場合の対処、廃炉問題、トリチウム処理水、復興基本方針、避難指示区域の義務教育諸学校の整備について田中復興大臣、松本経産副大臣、小早川東電社長に質問をしました。
「復興・創生期間」後の復興庁を10年間延長する復興庁設置法、復興特別区域法、福島特措法、復興財源確保法など5法案を審議し、今後の東日本震災からの復興を加速し支えるための重要な審議です。
詳細は下記アドレスより審議中継をご覧ください。
https://www.webtv.sangiin.go.jp/webtv/detail.php?sid=5837
2020年5月14日 : 2020年5月14日 参議院国土交通委員会

参院国土交通委員会でコロナと国土交通行政について赤羽大臣と質疑を40分間行いました。陸・海・空・観光など国土形成全般にわたり所管し、産業へのコロナの影響も大です。先ずは、これまでのコロナ対策の中間総括と今後へどう活かしていくのか尋ねました。

公共交通機関としてJR、バス、タクシーへの影響も予想以上に大きく、コロナ感染リスクと背中合わせにあっても国民の足との責任と、観光資源への移動手段など役割は大です。しかし「緊急事態宣言」後は厳しく大・中小企業問わず経営支援が必要な状況になっています。事業継続と雇用維持対策を求めました。

持続化給付金ではとても追いつきません。倒産ドミノが心配されます。雇用調整助成金の引き上げと合わせて、東日本大震災時に適用した、「みなし失業」を実施するよう大臣に要請しました。また公共事業と昨年の台風補正予算の執行がコロナ影響により滞ることのないよう要望しました。

また賃貸住宅管理について、サブリース方式が大きな社会問題になっており、この問題を是正し適正化を図り悪質業者を排除する必要があります。今国会で「賃貸住宅の管理業務等の適正化に関する法律案」が提出されており審議を行いますが、現時点で問題提起をする緊急性があり頭出しをしました。

コロナの脅威によりサプライチェーンと国産エネルギー開発の重要性が高まりました。洋上風力や地熱は国産エネルギーのチャンピオンです。再エネとサプライチェーンの地産地消を促進し、開発中、営業中、計画中の案件に支障のない措置と、FIT法による開始時期の繰延の検討をエネ庁担当部長に質しました。
2020年5月5日 : こどもの日


子供たちにとっては心弾む日であるはずなのに、学校にも行けず外でも遊べず友だちとも会えず寂しい「こどもの日」になってしまいました。
災害や放射能やコロナなどの困難を克服して夢と希望を持って一日一日を大切にして欲しい。
子供たちの成長を祈り子供の時から大好きな柏餅とタラの芽を食べました。
2020年5月3日 : 憲法記念日
今日は憲法記念日です。
戦後75年、日本は憲法9条により戦争をしない国家として国民の命と平和を守ってきました。
安倍首相は憲法改正の本丸を9条改正にしていますが断固阻止します。
改正論議の条件は9条改正を諦めることです。
コロナに絡めて緊急事態条項創設で改憲を目論む声もあるがナンセンスです。