2020年6月11日 参議院予算委員会


本日、参議院 予算委員会 が開かれ 第2次補正予算案についての質疑を1時間40分間実施しました。
今までのコロナ対策の検証・総括、コロナと大災害同時発生時(特に原発事故)の対策、医療提供体制の整備、持続化給付金事務委託費問題、トリチウム処理水などについて安倍首相等に質問しました。

病院の経営悪化が深刻です。診療報酬前払いによる病院への資本注入、コロナ対応ベッド確保への支援金拡充、医療従事者への慰労金を医者・看護師などだけでなく病院清掃する方や救急隊員にも行き渡らせることなど、提案しました。コロナ第2波、第3波への備えのためにも医療体制の充実が必要です。

持続化給付金の事務委託費は巨額で、委託団体の中抜きの疑いあり改善すべき、商工会議所、商工会、中央会3団体へ任せれば迅速に対応出来ると進言。

トリチウム処理水については、福島ありきではなく、拙速な結論を出すことのないよう質しました。コロナ感染対策は安倍首相の強権政治でなく、与野党一致して解決していかなければならない。

2020年6月11日