第2回総会「コロナと闘う病院を支援する議員連盟」


超党派「コロナと闘う病院を支援する議員連盟」第2回総会を開催しました。本日は日本医師会、日本病院会、全日本病院協会、日本医療法人協会、日本精神科病院協会、全国自治体病院協議会に来ていただきヒアリングをしました。

現在各医療機関は外来患者、手術件数、救急受入、健康診断など収入減が断たれた状態で、コロナに対応していかなければなりません。医療従事者は高い緊張感の下懸命に頑張っていただいています。公立病院、民間病院、コロナ患者受入れているかどうかに関わらず、病院経営の危機が迫っています。

各団体共通で、①第3次補正予算で医療機関への緊急包括支援交付金などの更なる拡大、②地域を面で支える医療機関へ支援が十分行き渡るよう各都道府県がしっかりと予算を執行すること、③福祉医療機構による優遇融資枠の拡充、について要望がありました。

第2波への備えを万全にするためにも、予備費の活用、第3次補正予算などで、病院への資本金の注入を検討していくことが必要です。
21日には歯科医師、看護師、薬剤師、介護関係団体からヒアリングを実施する予定です。早急に具体策を準備します。

2020年7月17日