クウェート国サバーハ首長殿下へ、感謝と同時に衷心より御冥福をお祈り申し上げます。


中東地域の偉大なる指導者クウェート国サバーハ首長殿下がご薨去されました。謹んで哀悼の意を表します。何度かクウェートを訪問し三度の謁見の機会を得ました。東日本大震災・福島原発事故が発生した際には、我が国と福島アクアマリンに対していち早く多大なる支援の手を差しのべて戴きました。
2013年1月クウェートで謁見の際お礼を申し上げたところ「友人として当たり前の事をしたまでであり、イラクのクウェート侵攻の時、日本国から多大なる支援をいただいた御礼です。日本とクウェートの友情は不変である」との言葉に感銘を受けました。感謝と同時に衷心より御冥福をお祈り申し上げます。

2020年10月1日