地熱シンポジウム in 会津若松


第9回地熱シンポジウムが、会津若松市で開催されました。第1回の福島市での開催以来9年ぶりの福島県での開催となりました。

午前中、7名の国会議員が参加し福島県柳津町の「西山地熱発電所」を視察しました。

午後からのシンポジウムでは、超党派地熱発電普及推進議員連盟共同代表として来賓挨拶をしました。

基調講演後、唐橋ユミさん(喜多方市出身)司会のもと、女優の飯島直子さん(母が白河市出身)をゲストに迎えて、小林功柳津町長とのトークセッションが行われました。

パネルディスカッションでは国内有数の地熱先進地域として開発が進む福島県の魅力とともに、今後の課題や天保について議論されました。

脱炭素社会実現にベースロード電源として重要な世界有数の地熱資源を、今後どう地域と共生して普及推進していくか議連としてもしっかりと活動して提言していきます。

地熱シンポジウム in 会津若松 HPはこちら

2021年11月23日